資産運用の始め方を知ろう|豊かな老後を送るコツ

海外という選択は

海外FXを行う際に気をつけなければならないのが、費用です。国内FXではFXをするだけであればほとんど費用が発生しませんが、海外FXでは海外にあるという性質からさまざまな手数料が掛かりますし、国内FXと違って税金の扱いも変わってきます。

小売業の指標

ドンキは独自の事業戦略で訪日外国人をターゲットに決算で連続最高益を出しています。株価は業績が反映されるので、ドンキが業績を伸ばせば今後株価も上昇する可能性が高いです。内需が期待しにくい小売業の中でインバウンドをテーマに事業を成功させているドンキは小売業界の重要な指標にもなっています。

資産の運用の仕方

硬貨

運用のポイント

景気がなかなか好転しない現代社会においては、自分で資産運用し、有事の際や老後に備える必要があります。しかし、資産運用をするにもその始め方がわからないという人は多く、結局のところ、資産運用をしないままでいる人がほとんどではないでしょうか。そこで、資産運用の始め方を説明するに当たり、まずはどのような運用方法があるのかを押さえておいた方が良いでしょう。代表的な運用方法としては株式投資や投資信託、FX等がありますが、投資を一種類だけに絞るのだけは避けた方が良いでしょう。このことは資産運用の始め方として真っ先に押さえておきたいポイントです。というのも、投資を一種類だけに絞り、それにだけ資金をつぎ込めば、何かの理由で元本割れしてしまった時には取返しのつかないことになってしまいます。そのため、リスクを分散する意味でも、できるだけ多くの資産運用を広く浅く行った方が良いと言えるでしょう。また、資産運用の始め方のポイントとして、資金を全て運用に回すのも避けた方が良いでしょう。もし、運用するのでれば、元本割れを起こすリスクのあるものを全資産の30%以下にし、その他の元本保証されているものに70%投資するのが望ましいと言えます。というのも、リスクのあるものに全資産を投資すると、相場の変動により、破産しかねないからです。こうした投資リスクを管理できないまま取り組むと、結局は自分で負債を賄いきれず、会社のお金に手を出したり等の犯罪行為にもつながるため、リスクは3割にしておくことだけは意識するようにしましょう。これらのことを押さえ、あとは興味のある運用方法に沿った証券会社を選ぶことで資産運用をスタートさせることができます。

投資を行うと良い

為替取引が人気になっていて、各国の通貨を売買することで利益を得るものです。海外FXは国内での規制が無いので、メリットも大きいです。口座開設をするのも簡単になっていて、すべて日本語で行えるのでハードルも低くなっています。